T-Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
C1リーグ 第一節 自戦記(後半)
三回戦の内容は・・・・・ 正直あまり覚えていない。

配牌が悪い局が多かったので国士を意識しそう見せながら、必死の守り。
途中にヤオチュウ牌を打ったりしてブラフ気味に打った。
それを見て相手を回らせる事など、成功した事もあったがブラフを
使う事自体あまり好きでないので、良い麻雀を打ったとは思えない。
ただ、非常に集中して打てていた事は良かったと思う。

大きい放銃はなかったはずだが、ジリジリ点棒は減って行き、
結局ラス。
綾小路さんが相変わらず好調で、立直のみの手を一発でツモり、
裏をのせ3000-6000をアガるなどまたもトップ。


四回戦、相変わらず目の覚めるような手は来ない。
東初の親が落ちてからはまず出番はなし。綾小路さんがテンパイ料など
を稼ぎ南入したところで38000点くらいのトップ目。

そして南1局の親番。
配牌を取ると中が暗刻の南が対子。これを活かしてマンガンクラスの
手に仕上げたいところだが、今の態勢ではそんなにうまく行く気は
しない。
最初のツモで7に6がくっつく。
一応、両面ターツと対子がある索子の混一を見ながら進めていこうと
考えたが、その後は索子をまったく引いてこない。
もう中盤に差し掛かった頃に南をポンしてやっと一向聴。
この時点では混一はあきらめていて、中・南の二役でアガレれば
御の字と思っていた。
私に捨て牌は9一枚切れているだけで、索子が高い。それに合わせて
場にも索子が高い。聴牌して5-8の両面待ちになったとしても
簡単にはアガレる気は全くしなかった。
すぐに一をポンしてテンパイ。すぐに上家の佐藤さんが立直。
捨て牌には当然、一枚も索子は切れてなく私が一を晒したことに
より、その立直を打ちやすくさせてしまったのかもしれない。
ただ、私としては待ちに自信がないもののめくりあいになれば
アガレる可能性もあり全部押すつもりでいた。それでも内心ヒヤヒヤしていたが。
すぐに8をツモることができ、1300オール。点数的にはそれほどでも
ないが、非常に大きいアガリとなった。これでトップ目の綾小路さんと
3000点ちょっとの2着目に浮上。
オーラスを迎えた時には、それが1900点差になっていた。
流局しての1本場、中盤まで打ち進めた感じではドラの南が一枚、
ポツンと浮いていてその他のターツの形も不安定であまりアガレる
感触はなかった。
確か9巡目、下家のトップ目である綾小路さんがドラの南を切った。
つまり最低でももう一向聴、テンパイでもおかしくない。
次巡、そのドラが私に重なる。この時、今日の私と綾小路さんとのツキの差をすごく感じた。
そこから六をポンして一向聴にとった。しかし役はドラの南バック。
しかも南はあと1枚。すぐ両面を引いてテンパイはしたが、
いかんせんドラの南バックだ。
普段、こんな仕掛けはしない。きっと冷静さを欠いていたのだろう。
案の定、綾小路さんからすぐに立直がかかる。そして、あとの二人も
立直を打ってくる(ーー;)
よく最後の勝負の場面では先に動いた方が負けだというが、
この時もホントに負けを覚悟した。ツモ切って次の瞬間、綾小路さんが切った牌に
岡さんがロンをかけた。
タナボタのトップだった。

一節を終わって、△28.9P
最終戦でもしトップをとれなかったらひどいことになっていた。


対局後、観戦に訪れていた古久根さんとその他C1の面々と
飲みに行った。
そこで色々と麻雀の事を古久根さんに聞いた。
最高位戦に入る直前から古久根塾に参加し、私の麻雀を見ていただいているが、
「トモノリ(←私のこと)、フォームは固まったみたいだけど、こじんまり固まっちゃったな」
とその時に言われた。
一応、自分なりに考えてやってきて、自分の中で安定したものは
できたつもりでいましたけど、この古久根さんの言葉を聞いて、
迷子になった子供のように、また麻雀模索の毎日になりそうです。

とにかく、あと4節いい麻雀を打って昇級したいです。
これから、私と麻雀を打ってくれる方々よろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

C1リーグ 第一節 自戦記(前半)
一回戦、東二局一本場。
ドラ七。場はそうでなかったが、私の手は重なり重なりでトイツ手に進んでいく。
7巡目に下家の佐藤さんよりリーチが入るが、すぐに私もチートイドラドラのテンパイ。簡単に引く気は毛頭なく、トイツで持っている①の筋、④タンキにとった。
そこから無筋の連打。何枚通しただろう!?怖かったが気持ち良かった(笑)
途中、佐藤さんがドラを切っていて、私からはドラが三枚見えている状態だったので多少は突っ張りやすかったのだが。
結局、そのまま押し切り二人テンパイで流局。

次局、二本場。
索子の染めに走る。一副露して一向聴。数巡後、自分で3枚使っている
8を引きカン6の清一テンパイ。と、同巡に対面の岡さんから出て12600点の出アガリ。
これでまず、優位に立つことができた。

東4局にも終局間際に8000点をアガリ、これはいけると思ったのも
束の間、南入してすぐに親の綾小路さんに親満をツモられまくられる。

南2局に親番を迎えてトップ目の綾小路さんと約2000点。

6巡目にテンパイが入る。

pin2mpin3mpin4mpin4mpin5mpin6msou4msou5msou5msou5msou6mhakumhakum

手変わりする索子を引いたら、両面で立直を打とうと思っていたら
同巡に上家の綾小路さんから立直が入った。
数巡ヤミのまま押したら、9で刺さりメンピンオモウラの8000を放銃。
今、思うとこんなアガリの見込めない手でなぜ突っ張ったのだろう?
ありえない(^^;

オーラスに1600・3200をツモったものの、2着で終了。
+11.0に順位点を加えての+21.0P


二回戦、終始手が入らず苦しい展開。
東4局に仕掛けてなんとか2000点をアガるが、これが精一杯。
オーラスを迎えた時点で僅差の3着でなんとかこれを守りたかったが、
ラス目にアガられ、ラスに転落して終了。
△18.7(合ってるか自信なし)のラスで、△48.7P



後半へ続く・・・

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

高松宮記念
大混戦ですな。

どの馬にもそれほど
強調できる材料がない。というわけで展開が向きそうな馬を。

タンキで逃げられることを前提に、ギャラントアローを推したい。他に絶対、逃げたいという馬がおらず、33秒台でいければ可能性はある。
気ムラな面があるのでそれが出ないことを祈るばかりである。
相手の中心は好位からさせるシーイズトウショウ、マイネルアルビオンなど。その他にも手広く。

牛角専属さんはマルカキセキ、ネイティブハートがイチオシだそうです。
C1リーグ 第一節
今日はリーグ戦の第一節。

昨年のB2では、麻雀のフォームを崩していたとはいえ、出だしで大きくつまずいたので今期は自分の麻雀を打ちきれるよう、集中して望みたいと思っています。

日々、ブンクルで鍛えられた麻雀を打てれば昇級は難しくないと思ってます。
今日の競馬
中山のスプリングS

◎はフサイチリシャール 本番前にここを使うのは疑問だが厩舎サイドは体調がいいから使うとのこと。問題ないだろう

相手はドリームパスポート、トーホウアラン、メイショウサムソン。
この中でトーホウだけ、フサイチとは戦っていないので、どんな走りをしてくれるか注目。ただ小回りの中山が微妙ではある。
穴に狙ってみたいのがナイトレセプション。前走は平凡だったが、葉牡丹賞の走りができれば上位は狙える。

阪神大賞典

色々、不安要素を考えたがやはり本命はディープインパクト。
相手はインティライミ、デルタブルース。
スタミナで勝るという点でデルタがディープをおびやかすシーンが
もしかしたら・・・・・

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

最高位戦 リーグ戦開幕!&採譜
3/8(水)の水曜日、今期の最高位戦リーグ戦が開幕した。

Aリーグの第一節が神楽坂の「ばかんす」にて行われた。
今年もついに始まったな~という感じ。
私が所属するC1リーグは第1節が3/25にある。

私は記録係(採譜)として行ったのだが、採譜は久々。
まあ、やっているうちに思い出してくるだろうと軽く考えていた。

そして一回戦が始まった。
基本的なところはまあ大丈夫なのだが、最終形を局が終わった瞬間に
サラサラ書けなかったり、裏ドラを書き忘れたり。
全然できてない自分にちょっと萎えました(^-^;

二回戦になって、だんだん忘れるところもなく思い通りに
書ける様になってきた。
そんな感じで余裕こいてたら、麻雀の内容に見入っちゃったりして
ツモを書き忘れたり・・・

三回戦、もう採譜なんてどうでもいいって感じ(^^;
           (↑どうでもよくないですm(__)m )

東2局で村上さんが10本場まで積み、次局近藤さんが5本場まで
積み、皆さん親で連荘、連荘。
最終的にはラス親の尾崎さんが四暗刻をツモリ、大逆転トップ。
計28局の半荘となりました。何時間かかったのか忘れました。

ただ、この時点で時計は18:45 ということは始まったのが大体正午なので、
3半荘で6時間半!!マジかよ!?


4回戦は9局か10局で終了。
集中力を保てたので、4半荘の中では一番ミスなく採譜できた。

終わったのは20:40くらい。
私は最高位戦に入会して以来、おそらく一番遅い終了時間だと思う。
対局者の皆さん、運営の皆さん、ホントにお疲れ様でした。
[最高位戦 リーグ戦開幕!&採譜]の続きを読む

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

今日の競馬
今日は弥生賞です。

今年のクラシックの行方を占う大事な一線ですが、
3頭立てみたいな感じですね。

アドマイヤムーン、サクラメガワンダー、スーパーホーネットですが、
競馬のセンスが一番ありそうなアドマイヤムーンをなんとなく
応援したくなります。
スーパーホーネットもいい瞬発力を持っていて2000Mくらいなら
いい勝負はできるんじゃないでしょうか。
サクラメガワンダーは3ヶ月の休みの分、少し心配ですが
能力通り走る事ができればまあ連は堅いかなといった感じですね。



ってわけで、まあ3頭で決まると思います。




中京記念はエアシェイディかな。
後藤が強気に乗ればいい結果が出ると思います。


こんなとこかな。

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

最高位戦 春季選手総会
今日は最高位戦の春季選手総会でした。

なんといっても、一番私達若手がテンションが一番あがったのは
新タイトル戦の議題について。
これまた、旧最高位戦ルールで行われるのがすごくいいと思います。

そして、この話を聞いて若手以上に乗り気だったのが、飯田さん(^-^)
「いいねー旧最高位戦ルールでやるってのは、飛び級制度もいいね。」
だって。

これに新津代表が「時間がないので、飯田さんもういいですか?」
って突っ込んでいましたが(笑)




総会の後は、2月のプロテストで合格し、晴れて最高位戦に
入会してきた新人たちの歓迎会。
新人の方々の自己紹介を聞きながら、自分がその立場だったことを思い出して
「ああ、もう3年目なんだー」、それとほぼ同時に
「まだ3年目か、まだまだこれからだな」と思う自分もいたり。


みんなは2次会でカラオケに行きましたが、私は明日も仕事なので
帰って来ました。つまらん。
休みだったら絶対参加していたのに。



今年はとにかくいい結果が出せるように頑張ります。
[最高位戦 春季選手総会]の続きを読む

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。