T-Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ダービー(東京優駿)
今年もやってきましたね。ダービーが。
はっきりいって、世界の強豪と戦うJCやその年の締めくくりである
有馬記念などのレースの方が、レース自体の価値は高いような気が
しますが、「ダービー」と聞くだけでその日はワクワクしてしまうのは
なぜでしょうか?


予想を始めて一時間近く。決まらない・・・・・が
ずっと考えていても結論が出なさそうなので、最終的には
頭の中のイメージで。

◎サクラメガワンダー

実は皐月賞でも本命に推したのだが、今回の方が良いのでは。
直線が長くコースが広い府中が合ってるような気がする。
グラスワンダー産駒のこの馬はいかにもパワーがありそうで、
今日の重い馬場は得意そう。
内田でちょっと評価もプラス。

○メイショウサムソン

皐月賞の勝ち馬でさらに馬がよくなった印象のこの馬を
対抗以下に下げることはできない。
早めの仕掛けからゴール前での脅威の粘りを想像する。

▲フサイチジャンク

正直、皐月賞の走りには驚いた。
話題先行であんなに強いとは思っていなかったのだ。
もしかすると勝つまであるか!?

△マルカシェンク
△アドマイヤメイン
△アドマイヤムーン
△トップオブツヨシ
△ジャリスコライト
△ドリームパスポート




全然、自信ないので無難にボックスがいいかな~(^^;
スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

ヌルいアガリ逃し
昨日の本走でこんな牌姿がありました。

五巡目

man3mman3mman3mman4mman5redman6mman6mman6mman7mman8mpin1mpin2mpin3m  ドラman3m

このとき親で三本積んでおり、二四五七引きの
ヤミ12000をアガれれば、まあトップだなと思っていました。
結局、その後手がわる牌は何も引かず終盤に
他家にアガられてしまいました。

即リーチはないでしょうが、中盤で場況が出来てきて
九は誰も使ってなさそうなのにリーチに踏み切れませんでした。

普段は場況次第で愚形でもリーチを打つのに、見た目の枚数に騙され(?)、アガリを逃した最悪の一局となってしまいました(T_T)

情けない・・・
アガリ逃しをしないことが最近の目標なのに(T.T)

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

オークス
実績、騎手などから判断してもアドマイヤキッス、キストゥヘヴンが
上位だとは思うが、他に何か伏兵はいないかと探してみた。
数年前のこのレースで穴をあけた、チャペルコンサートのような。

イメージ的に被るというわけではないが、カワカミプリンセスを
推したい。陣営のコメントからもものすごく期待度が高い馬で、
このレースを含め、今後が楽しみな馬だ。
他にはブルーメンブラット、ニシノフジムスメ、アサヒライジング、ヤマトマリオンなど。
状態がよければ、シークレットコードも圏内だとは思うが、今回は
見送り。

◎カワカミプリンセス
○キストゥヘヴン
▲アドマイヤキッス
△ブルーメンブラット
△ニシノフジムスメ
△アサヒライジング
△ヤマトマリオン


東海Sにも少し。

ダートを走らせてから素晴らしい成績を残しているヴァーミリアン。
前走の勝ちっぷりなど文句の付けようはないのだが、本番前に
どこまで仕上げてくるのか。
私が前々からダート界のトップクラスに立てるのではないかと
期待していたハードクリスタルを一番に狙ってみたい。

◎ハードクリスタル
○ヴァーミリアン
△スーパーチャンス
△マイネルボウノット

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

C1リーグ 第三節(後半)
3回戦、起家スタート。
一アガリして優位にすすめたいところだが、
手牌が大したことなかったので引き気味にすすめ、ノーテンで流局。
東3局、五巡目にシャンポンのタンヤオのみ聴牌が入るがトラズ。
すぐに犬見さんからリーチが入る。一向聴で押すが、
さすがに3牌行ったところで刺さる。5200点の放銃。
その後はこの放銃が良くなかったのか、手が入らず。
逆に犬見さんは南場の親で連荘し、ダントツトップ目でオーラスを向かえる。
私は三着目と300点差のラス目。
二着目とは跳満ツモ、満貫直撃ででかわるがそんな手が入るとは思えなかった。配牌をとった。
大きい手は望めそうもなく、なんとかアガって三着を取ることだけを考えた。
7巡目に以下のイーシャンテン(ドラ三)

man4mman5mman6mman6mman8mpin2mpin4msou4msou5msou6mtyunmtyunmtyunm

上家の親、小笠原さんから③が出てチー打八。
ドラが三だしこの待ちは良くないが、とりあえず聴牌。
良さげな牌を引いたら単騎待ちに変えるつもりだった。
次巡③ツモ切り。また次巡③ツモ切り(^o^;)
そして親からリーチの発声。「うーむ」と考える間もなく、
犬見さんが宣言牌の5にロンをかける。
ラッキーな三着で終了。


4回戦は小場ですすむ。

東4局、小笠原さんの立直から場が動きだす。
親の紺谷さんがその打牌を仕掛ける。私の手はその時点では
勝負するほどのものではなかったが、安全そうな牌を
切って行きながら、14巡目に聴牌にたどり着いた。
場には萬子がとても安く、理想の待ちになったので当然の立直。


man2mman2mman2mman4mman5mman6mman7mpin5mpin6mpin7msou4msou5msou6m

一発で三をツモり、2000-4000。
小場ですすんできた展開でこのアガリはとてつもなく大きいものとなった。

次局、南1局の親番。
ドラの9が対子ですぐにまとまりそうな手牌。
7巡目に⑥-⑨待ちの平和ドラ2の聴牌が入る。筒子の上の
場況が良く見えなかったので、ヤミに構える。
と同時に、下家の犬見さんから立直。
そして同巡、対面の小笠原さんも
立直。こうなったら、場況うんぬん言ってられない(^^;
ツモ切りで、追っかける。そしてなんと、上家の紺谷さんも立直を
打ってきた。
そんなに見ることのない4軒立直だ。5巡ほどめくりあいがすすみ、
小笠原さんが⑨をツモ切る。12000点のアガリ。
このアガリでほぼトップを不動のものとし、その後も8000点などを
アガることができ、トップで終了。




結果は、2,3,3,1でおよそプラス65ポイント。
攻撃重視で打とうと考えていて、前にでる麻雀は出来たと思うが、
それにしてもひどい打牌もあった。
攻撃と守備のバランス。攻撃メインで打っていこうとは思うが、
引くところは引かなければいけない。その辺のバランスをうまく
取ることを目標とし、残りの2節良い麻雀を打ちたい。
[C1リーグ 第三節(後半)]の続きを読む

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

ウ゛ィクトリアマイル
新設のGⅠで過去データはないが、府中のマイルは実力がない馬では勝てない。

本命は内枠から好位につけるだろうダンスインザムード。
以下、ラインクラフト、エアメサイア。
他に勝てる可能性があるとすればヤマニンの二頭くらいであろう。
C1リーグ 第3節(前半)
先日、5月6日に第3節の対局があった。
私の置かれた状況はというと、TOTAL△136.3ポイントで
ここでプラスしておかないとかなり降級が濃厚となる。
マイナスは許されないという中でも意外と落ち着いて対局に臨めたと思う。


相手は犬見、小笠原、紺谷の各氏。(敬称略)
1回戦の東1局。
大抵の人は慎重に入ろうとする事が多いので、最初から攻めの姿勢で行こうと考えていた。
中盤くらいでやっと索子の門混の二向聴。
しかし、誰も来ている感じもなく強気に前に出て行けば主導権を取れるだろうと判断。
すぐに西を重ねて一向聴。15巡目、ラス牌の7を引き索子の門混一通を聴牌。
場に1枚切れの白を何もなかったかのように捨て、当然和了ることはできないものの
1人聴牌で3000点の収入を得る事ができた。

そして、少し気を良くして迎えた東2局の親番(ドラ3)
丁寧に打ち進めて終盤、14巡目にノミ手ではあるがドラ筋待ちの
3-6待ちでリーチを打った。

man5mman6mman7mpin4mpin5mpin6mpin9mpin9mpin9msou4msou5msou7msou7m

ただ、上家の紺谷さんの捨牌に違和感を感じていたのだが、
案の定、親のリーチに向ってくる。
数巡後、紺谷さんが少し高らかな発声。なんと四暗刻をツモられた。
私の待ちはやはり固められていて、暗刻と対子で5枚持たれていた。

man8mman8mman8mpin3mpin3mpin7mpin7mpin7msou3msou3msou6msou6msou6m  ツモpin3m



正直、「あぁ、今日もダメなのか・・・」と一瞬思ったが、
すぐに「まだあと半荘3回もある。ラス抜けを考えよう」と考え直した。
この親被りで、2着目とは5000点差。


東3局、親の犬見さんが7巡目くらいの早い立直。
ダブ東を早めに飛ばしており、警戒はしていたのであっさりとオリ。
数巡後、小笠原さんが少考の後に立直の発声。
しかし、宣言牌が親に刺さり12000点の放銃となってしまう。

小笠原さんには申し訳ないが、ここで私は
「ラスは小笠原さんに引き受けてもらい、あわよくば
2着を取りに行こう」と考えた。


東4局、小笠原さんの親番。
先に書いたような考えから連荘させてはならないという事と、
態勢を上げる目的(アガることによってよくなると思っている)で
東を一鳴きし、500-1000をツモアガリ。


南場に入り南1局は仕掛けた犬見さんの一人聴牌で流局。

迎えた南2局の親番(ドラ⑧)
先ほどのアガリが効いたのか(←超オカルト)、牌勢が良い。
カン②、中を暗刻とし7巡目に聴牌即立直。

pin1mpin2mpin3mpin6mpin7msou2msou3msou4msou5msou5mtyunmtyunmtyunm


聴牌までのツモに手ごたえを感じ、予感はあったのだが一発で⑧を引く事ができた。
裏ドラも5がのって、6000オール。
これでトップ目の紺谷さんとおよそ13000点差の2着目に浮上できた。

1本場にも、安い手ではあるが紺谷さんから直撃することができ、
点差は10000点を切った。
このまま、一気に捲くりたいところではあるがそううまくも行かない。


局が進み、オーラス。
紺谷さんとは9700点差の2着目。3着目の犬見さんとは6000点強の差。
もちろん、トップを取りにいくのだが状況によっては早アガリで2着を死守することも考えていた。

流局でラス親の小笠原さんが連荘するが、次局1本場には
きっちり紺谷さんにアガりきられ、2着で終了。







2回戦。

東3局にこの日一番の失態をおかしてしまう。


5巡目に平和の一向聴となり、手順で東を切ると下家の親の犬見さんがポン。
次巡、流れてきたドラの發をツモ切るとそれも親にポンされる。18000点が確定。

ここでツモ切った理由なのだが、犬見さんが東をポンする時に
少し間があったように見えた事と、
感覚で鳴かれないと思ったのだ(感覚重視派なのだがそれにしてもやりすぎ!!)。

聴牌が入れば、当然押すつもりだったのだが、数巡聴牌が入らず
結局オリにまわる。
なんとか流局し、一安心。
それにしてもありえない(`へ´)
小笠原さん、紺谷さん、すいません(^^;



南場を迎え、微差のラス目。
南1局(ドラ8)、ドラ対子の配牌をもらう。

聴牌は遅かったが、ドラを暗刻にし⑤-⑧の亜両面で立直。
亜両面は嫌いなのだが、場況が良かったので引けると思ったのだ。
数巡後に⑤を引き、2000-4000。

親番では1300-2600を引かれて、迎えたオーラスではトップ目の
小笠原さんと7200点差の3着目。

ドラ8対子の配牌をもらい、重ねた白をもう1枚引いて暗刻にする。
中盤で完全一向聴となり、立直かドラをポンできれば
条件を満たせる形となるが、その後聴牌する牌を引かない。
結局、親の紺谷さんがアガり、連荘。

次局もなんとか条件を満たす聴牌を目指すが、厳しい手牌。
小笠原さんがアガり切り、3着で終了。


次回へつづく→

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

対局つづき
昨日、今日と対局のため新聞を全く見てません。
ので、今週は競馬の予想はなしで。期待してくださってる方(まあ、ほとんどいないでしょうが)すいませんm(__)m

でも、なんかで名前見たんですけどステキシンスケクン出てるんなら面白いかも(^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。