T-Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何切る!?
何切る問題はあんまり好きじゃないのですが、
あまりに更新をしていないので・・・・・(^^;
これからはこういうネタも混ぜていこうかな。


ブンクルでの本走で。

オーラス、トップ目とちょうど4000点差の2着目でラス親。
3着目、ラス目とは大きく離れていてハネマンを直られても
変わらない点差。

3巡目 ドラ九

man3mman4mman7mman9mpin5mpin6mpin6msou2msou2msou4msou6msou7msou8m  ツモsou2m

ドラ表と場に1枚、八が見えていたので私は七を切りました。

皆さんは何を切りますか!?

うーん、あまりいい問題じゃない気がするな~~(^^;
スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

C1リーグ 第5節(4回戦)
最高位戦では最終節の最終戦は全ての卓の対局は同時に
スタートする事になっている。
まあ、当然といえば当然ですよね。時間差があった場合、後に始まる
卓の対局者の方が他者の最終ポイントを把握する事が出来て、
有利になってしまったりという事が起こる可能性があるわけですから。



4回戦(最終戦)が始まる前にポイントを確認する。
昇級ラインまでは200近く叩かないと届かない。ほぼ不可能といって
いい数字。
降級ラインまでは70くらい。ラスを引かなければ問題なさそうな位置だ。


東場の親番で12000を和了り、ラスの可能性がとても低くなる。
松田さんから出和了ったのだが、松田さんは聴牌していたのか
ノータイムで私の和了り牌をツモ切った。
それまでの模打も今までの半荘と違いとても早く、最終戦は
目標を失っていたのかもしれない。

と書いている私だが、私もこの親満でラスが遠くなり、
決して安心したわけではないのだが、どこか集中力が
低下したような気はする。




もう、あと考える事はできる限り点数を稼ぎ出して
昇級ラインへ近付く事だけである。
しかし、次局に聴牌から白鳥さんに七対子の満貫を打ってしまい
東場の親番が終わる。

ここで考えた事。やはり現実的に昇級は厳しく、大きなラスを引くと
降級も有得るので、手堅く打とうと。
少なくとももう一回ある親番以外の局面での大きな失点はしては
いけないという事だ。

この後は・・・・・






申し訳ないのですが、特に見せ場というか手も入らず引き気味に
打ったので、それほど書くこともなく(^^;

微差の3着で終了。最終節はプラス29.2ポイント。
今期はトータルでプラス3.2ポイントで終了。

第2節に消極的な麻雀を打ってしまい、大きくマイナスしたのが
情けない。とりあえず、プラスまで戻せた事に関しては満足だが、
それでも内容が全て良かったわけではないので、後期は自分で
納得のいく良い麻雀を打ちたい。


そして、後期は同僚で友人である谷井君や実力に定評のある太田君など
手ごわい相手がC2から上がって来るので、さらに気を引き締めて
いかないとという思いと同時にとても楽しみである。

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。