T-Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
C1リーグ 第5節(2回戦)
2回戦、起家から私、白鳥、熊林、松田の順。(敬称略)

開局していきなり対面の熊林さんより、早い立直が入る。
私の手は愚形が2つの二向聴。
ただ、数巡進んでいくうちに両方の牌(嵌七と嵌5)の場況は
決して悪くないなと感じた。両方とも山に2枚くらいいそうな感じ。

そして七を引いて嵌張5の役なし聴牌。
開局の親でそんなに待ちが悪くないと思ったのならば、曲げるのが
今の私の麻雀。いくら2枚いそうだと思っても、当然勝てる自信は
それほどない。

次巡、力をこめて自摸った牌は5だった。
裏が1つのって4000オール。
2枚いそうなんて書いたが、とりあえず当たっていたようです(笑)
裏ドラ表示牌が5でしたから。

とにかくラッキーな和了りで点数以上に精神的にも大きなものとなった。
次局は熊林さんに自摸和了られ、簡単に流される。

東2局。熊林さんが客風から仕掛ける。すぐに中も出てポンの2副露。
その捨て牌からほぼ対々の仕掛けと見て間違いない。
ドラは6でそれも持っていそう。
親の白鳥さんが立直で攻め返すが熊林さんがシャンポンのドラを引き
3000-6000の和了り。あっさり捲くられてしまった。

東3局は、松田さんが6巡目に立直。
少し変則的にも見えたが、立直直前の⑤の裏筋の①-④の両面待ちだった。
一発で引かれて2000-4000。

東4局、3巡目にして一向聴。
1巡目に二人が①を切っており、私の手は入り方によっては
②-⑤待ちになる形。「②-⑤になったらいいなぁ」なんて思ってたら
すぐにそうなりました(^^;
平和のみの手はほとんど曲げないのだが、この巡目で良い待ちになったら
話は別。
なかなか引けなかったが、中盤に親の松田さんから出て2000の和了り。


南入してオーラスまではそれほど大きな点棒移動はなし。

オーラスを迎えて、私はトップ目。2着の熊林さんとは5000点位の差。
3着目、ラス親の松田さんとは15000点くらい。

松田さんが一和了りし(500オールだったかな・・・)、1本場。
中盤に下記の一向聴。

man3mman4mman5mpin4mpin5mpin9mpin9mpin9msou6msou7mshamshamhakum

西が暗刻になって、手広くなる。
そこに親の松田さんから立直が入る。
聴牌が入った場合、どうするか自分の自摸番が回ってくるまでの間、
必死に考えた。
親に喧嘩を売るのは非常に怖い。西が暗刻だし、ほぼ間違いなく受けきる
ことはできるだろう。
しかし、せっかく聴牌が入ったとしてそんな弱気でいいものか・・・・・

唯一、③-⑥を先に引いた場合だけは引こうと考えをまとめた。
実は6を先に1枚外しており(手が整う前で白などを打ち出したくなかった)、
③-⑥は和了り逃しとなってしまうからだ。

8を引いてすぐに私も聴牌。
時間がかかった場合はほぼ降りに回ることになるので、
すぐに聴牌したことが重要で、これならば勝負と西を切って追いかけた。
下家の白鳥さんが少考の末、⑥切りで2600は2900の和了り。


なんとかトップを取ることができた。
1回戦のラスを帳消しにすることができ、ホッと一安心・・・

はしたが、あとの2回が勝負!と気を引き締めた。


3回戦につづく→


スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

コメント
この記事へのコメント
う~ん、1回戦と違って、ツッコミどころがないよう。
3回戦以降の自戦記、楽しみに待っています。
2006/06/23(金) 00:20:14 | URL | しもで #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tomo32.blog17.fc2.com/tb.php/92-0a39ef9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。