T-Blog
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
C1リーグ 第5節(3回戦)
3回戦、席順は起家から熊林、白鳥、松田、私。(敬称略)


東1局。親の熊林さんの捨牌がそこそこ早そうに見えた。
私の手牌はというと嵌張塔子や中張牌がポツンと浮いている感じ。
親への受けを考え安全そうな字牌を残しつつ、一番枚数が多かった
筒子に寄せていった。
どこからも火の手は上がらず、手を進めていると、捨牌が3段目に
差し掛かった頃、以下の一向聴になる。

pin1mpin3mpin5mpin6mpin6mpin6mpin7mpin7mpin8mpin8mpin9mpin9mhatum

②が入れば理想的な聴牌になるが、数巡前にバタバタと3枚切られいた。
上家の松田さんが④を切る。松田さんは正直、攻めているのか
引いているのかわからなかったが、これではっきりした。
嵌張でチーして①単騎の聴牌。①は一枚場に切れており、②の出からも
相当いい待ちっぽい。
終局間際、松田さんがスパンと①をツモ切り、とても嬉しい8000の和了り。

東2局、東3局は手が入らず他家のやり取りを傍観。

東4局、ドラ2のいい配牌をもらう。5巡目に聴牌。

man6mman7mman8mpin7mpin8mpin9msou2msou3msou4msou5msou5msou7msou7m  ドラsou7m

聴牌打牌が確か三なのだが、萬子の場況がそこそこ良さげ。
私はこの手牌の形なら聴牌を取らないで打5とする事が多い。
ドラが7でなければだが。
さすがにダイレクトにドラを引いてしまったりすると痛いので、
ここでは仮聴をとったが。
すぐに4を引き、打2の立直。
中盤過ぎになっても他家からは1枚も索子がこぼれないし、
これはさすがにツモるしかないかと思っていたら、下家の熊林さんから
強い牌が打ち出される。
「ちょっとまずいかな~」と思っているうちに
熊林さんから3が切られ、8000を和了ることができた。

次局、東4局の親番。

大体攻め重視で行って良いだろうと考えながら取った配牌。
よくもなく悪くもなくといった程度。
終盤に差し掛かった頃、やっと立直を打った。⑧が3枚切れの
⑥-⑨待ち。ただ、この時点で筒子が安いにも関わらず、
⑨が一枚も見えておらず、どこかに固まっていそうだった。
やはり、数巡後に松田さんが⑨を暗槓。そして流局。

南入するときには聴牌料などで、48000点近く持っていた。

南場は2着目と3着目で打ち合う展開になり、私は傍観。
オーラスを迎えた時点で、2着目の白鳥さんとは15000点くらいの差。
白鳥さんは跳満をツモるか、満貫を私から直取りすれば逆転することが
できる。

一応、普通に手を進めるがうまくまとまらないうちに下家で3着目の
熊林さんから立直がかかる。
私としては歓迎できる展開だ。白鳥さんは打ってしまうと3着に
落ちる危険があるため、ゼンツはしずらいはず。
念には念をおいて白鳥さんをケアしながら、私はベタオリ。
ほどなく熊林さんがドラの八をツモ和了り、2000-4000。


トップで終了。
この半荘はあまり苦労なく、展開が向いた事によりトップを取れた。
楽でいい事なのだが、手応えはない内容だった。
スポンサーサイト

テーマ:麻雀 - ジャンル:ギャンブル

コメント
この記事へのコメント
おつかれさまー。
結構時間たってるのに詳しく覚えてられますね。


東四局の手牌なんですが、三残した場合どうなっていたんでしょうか。

あと3-6聴牌でドラそばの索子待ち高め8000あるなら、ヤミ聴と言う選択肢はなかったのですか。一応(6)引きもあるし。
2006/06/27(火) 21:26:17 | URL | いときん #-[ 編集]
麻雀のトップは大抵展開トップだからそれで良いと思われ。

東ラスの手牌は5切るとソーズの上がフォロー出来なくなるのと三色目もあるんでドラ関係無く三切りで良いのでは?
2006/06/28(水) 01:48:36 | URL | のび太 #oZPgYcIg[ 編集]
東4局
いときんさんとツッコミどころが似ているかもしれませんが。

マンズの下が「多少よさげ」程度なら、テンパイ取りで問題ないと思います。
「相当いい」なら、取らずもありでしょうけど。

ソーズが「普通」程度なら、リーチでもいいでしょう。
「あまりよくない」なら、ヤミテンがいいかも。

まぁ、1回戦のドラアンコの時の手牌に似ているのかな?
形が気持ち悪くなっても、カン③筒を嫌おうか考えていたくらいですからね。

ちなみに私は「形」で打つタイプなので、実戦と同じ進行、選択をしそうですが。
2006/06/29(木) 02:03:44 | URL | しもで #-[ 編集]
いときんさん>
今、思い出すとその時は跳満を引くつもりで立直を打ったような気がします。
もちろんヤミも考えましたが、3900点で
終わらせるつもりは全くなかったので。
満貫を和了ってリードがあるところで
さらに広げてやろうと言った感じでしたね。
いときんさんは立直打ちそうなイメージがありますけどね~
三を残した場合ですが、自分のツモでは
和了っていなかったと思います。

のびたさん>
三を切って聴牌を取るのが、いわゆる「普通」だと思います。
ただ、現実的に難しい話ではありますが、
配牌とツモを組み合わせてひとつしか和了りの道が
ないとしてもそれを逃さずに和了りきる事を
目標としていますので。
索子の上のフォローですが、5を切った場合は8引きだけは痛いですが、9を引いても
嬉しくないのでロスは1種類と考えます。
6引きは三門張に取れますし。

しもでさん>
聴牌したのが早かったので、萬子についてはホントに
「良さげ」という表現で、
索子については判断が
下せない場況だったと記憶しています。
僕は場況がないと麻雀打てませんので。
師匠と一緒です(^^;
それぞれの精度は天と地ほど違いますが。
2006/07/02(日) 12:40:45 | URL | T #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tomo32.blog17.fc2.com/tb.php/94-97b15462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。